ムーンライト攻略

(c)Clear

戻ります・・。


■氷沼 悠理  ■片瀬 美姫  ■奈々村 沙祐璃  ■楠 香耶  ■岡崎 汐音

☆氷沼 悠理☆

  1/8    「ちょっといいか」とゴミ袋を受け取る
「聞こえない不利をする」
「自分の意志を貫き通す」
  1/10 「総員退却」
「ノゾキだったら殴ってもいいのか?」
  1/11 「テレビでも見るか」
「三色弁当を新三色弁当にした事か?」
「普通に声をかけてみる」
「一応借りてみるか」
  1/12 「再び走り始めた」
「悪いけど、他を当たってくれないかな」
「このままの格好だとパンツ見えてるから」
「悪いからいいよ」
  1/13 「不可抗力だろっ!」
「遠慮しておく」
  1/14 「汐音のジュースも買ってこよう」
「そうしてみようかな」
  1/15 「氷沼が選んでくれないか」
  1/17 「ちょっと用事があるんだよ」
  1/18 「今日は一人でいたい気分だな」
  1/21 「追いかけて氷沼に返す」
  1/25 「ああ、空いてるぜ」
  1/30 「しょうがねぇなあ」
  2/2 「デートでもするか」
  2/6 「あ、そうだ。風船を買ってやるから持っていろよ」
「手を差し出す」
  2/12 「クラスの誰かに同士を求む」
  2/13 「氷沼の様子でも見に行くか」


☆片瀬 美姫☆

★注★ 悠理のHAPPYENDをみていないと美姫シナリオにはいけません

  1/8   「ちょっといいか」とゴミ袋を受け取る
「聞こえないふりをする」
「自分の意思を貫き通す」
  1/10 「総員退却」
「女の子を追いかけて呼びとめる」
「そんな事一度もした事ないんだけど」
「ノゾキだったら殴ってもいいのか?」
  1/11 「テレビでも見るか」
「三色弁当を新三色弁当にした事か?」
「普通に声をかけてみる」
「今回は遠慮しておく」
  1/12 「もう走る気力はなかった」
「悪いけど他を当たってくれないかな」
「このままの格好だとパンツ見えてるから」
「悪いからいいよ」
  1/13 「汐音が俺を押し倒すからだろ!」
「もっと近づいてくれないか?」
「どうして、いつも思い詰めた顔してるの?」
「美姫ちゃんが面白いかどうかは俺が決める!」
  1/14 「汐音をお供に連れて行くか」
「いや、ただ聞いてみただけだ」
  1/15 「パスしとくよ」
  1/17 「ちょっと用事があるんだよ」
  1/18 「今日は一人でいたい気分だな」
  1/20 「最後まで送ってあげた方がいいかな」
  1/21 「ここで女性に払わせるほど、落ちぶれていない!」
「いいって、気持ちだけ貰っとく」
  2/1 「予定がないなら、どこか行かない?」
  2/15 「映画とか」
  2/20 「それじゃあ、喫茶店にでも行く?」
「ごめん、悪気はなかったんだ」
  3/15 「本人の口から聞くべきだと思う」
「・・・・・・わかった」
「聞いてしまった以上、やれる事はやるよ」
  3/16 「今のうちだ! 走れ。ここから逃げろ」


☆奈々村 沙祐璃☆

  1/8   「ちょっといいか」とゴミ袋を受け取る
「聞こえないふりをする」
「自分の意思を貫き通す」
  1/10 「総員退避」
「ノゾキだったら殴ってもいいのか?」
  1/11 「しかし、貴重な睡眠時間だから無理にでも寝よう」
「ウィンナーをウサギの形にした事か?」
「普通に声をかけてみる」
「今回は遠慮しておく」
  1/12 「もう走る気力はなかった」
「悪いけど、他を当たってくれないかな」
「このままの格好だとパンツ見えてるから」
「ありがとう」
  1/13 「不可抗力だろっ!」
「好意を受け取る」
  1/14 「面倒なので、買いに行くのはやめよう」
「思いきってドアを開く」
  1/16 「沙祐璃さんに尋ねる」
  1/17 「ちょっと用事があるんだよ」
  1/18 「今日は一人でいたい気分だな」
  1/20 「やってみるよ」
  1/24 「まだまだだよ」
  1/27 「俺が直してやるよ」
  1/29 「悪いよ」
  2/2 「沙祐璃さんでも誘うか」
  2/7 「見るつもりはなかったんだけど」
「・・・・・・・・・」
「いいのかな」

☆楠 香耶☆

  1/8   「ちょっといいか」とゴミ袋を受け取る
「聞こえないふりをする」
「自分の意思を貫き通す」
  1/10 「総員退避」
「ノゾキだったら殴ってもいいのか?」
  1/11 「テレビでも見るか」
「三色弁当を新三色弁当にした事か?」
「普通に声をかけてみる」
「今回は遠慮しておく」
  1/12 「もう走る気力はなかった」
「しょうがない、見るだけなら」
「このままの格好だとパンツ見えてるから」
「悪いからいいよ」
  1/13 「わかった」
「汐音が俺を押し倒すからだろ!」
「遠慮しておく」
  1/14 「面倒なので買いに行くのはやめよう」
「様子をうかがう」
  1/15 「パスしとくよ」
  1/17 「いいとも」
「ちょっと用事があるんだよ」
  1/18 「今日は一人でいたい気分だな」
  1/19 「また明日だな」
  1/20 「また見に来るよ」
  1/27 「入部する」
  1/31 「おちゃらけてみる」
  2/18 「彼氏、いたんだ?」
  2/21 「覗いてしまう」
「ここで待っている」
「先輩を起こす」
  2/26 「慰めてあげた方がいいな」


☆岡崎 汐音☆

  1/8   「ちょっといいか」とごみ袋を受け取る」
「聞こえないふりをする」
「自分の意思を貫き通す」
  1/10 「パンはやらないけどいいぞ」
「ノゾキだったら殴ってもいいのか?」
  1/11 「しかし、貴重な睡眠時間だから無理にでも寝よう」
「たまには早起きもいいな」
「普通に声をかけるてみる」
「今回は遠慮しておく」
  1/12 「もう走る気力はなかった」
「悪いけど他を当たってくれないかな」
「このままの格好だとまぬけだから」
「悪いからいいよ」
  1/13 「確かにな。まったくもって酔狂な奴だ」
「遠慮しておく」
  1/14 「汐音のジュースも買ってこよう」
「いや、ただ聞いてみただけだ」
  1/15 「パスしておくよ」
  1/17 「別に構わないぜ」
  1/18 「おーい、汐音〜」
そこまでいうのなら仕方ないな」
「いいよ。俺の奢りだ」
  1/20 「落ちていた紙切れに気づいて、それを拾った」
  1/21 「なんだよ、ハッキリ言えよ」
  2/2 「俺ん家にスパゲティー作りにくるってさ」
  2/6 「見た目からして怪しいソレを食べてみる」
「悩みでもあるとか?」
  2/11 「予定は未定」
「いっちょ、いくか!」
  3/9 「好きかもしれない」
  3/13 「俺が怒っているから、打ち明けられないと思った」